最初から読む | 最新話(第三話 25 姫君の真名)


 寂れた図書館の隅っこで古い童話本に飲み込まれた少女は、「グリム」と名乗る男に本の修復を依頼される。

「現実に戻る方法は一つ。入り込んだ物語を完結させること」

 修復する物語は、白雪姫、眠り姫、人魚姫――のような有名な童話だけだと知らされて、少女はほっとする。
 ばらばらになった紙芝居を、元に戻すようなもの。パズルみたいに簡単なことだと思ったのだ。
 だが、男は嗤って続けた。

「ただし、ね?」

 過酷なルールの宣告とともに、物語の中に落ちた少女は、
「生きている物語」を「正しい結末」に導くため、あてのない旅に出る事となるのだった。

 ――これは、本と物語を厭う少女と、物語に囚われた男の奏でる協奏曲。

更新履歴

2017.9.20 3-25 姫君の真名
2017.9.9 3-24 ガラスの棺と眠れる姫君
2017.8.14 3-23 アカリナにて
2017.7.23 3-22 もう一人の王子
2017.7.4 3-21 王家の預け物
2017.7.1 ミスを修正しました。
2017.6.7 3-20 わたしと取引しませんか
2017.5.23 3-19 偽りの顔
2017.4.26 3-18 説得力の欠如
2017.4.12 3-17 カエル顔の青年
2017.3.31 3-16 確たるものは
2017.3.15 3-15 物語は終わらない
2017.3.6 3-14 別世界への道程
2017.2.27 3-13 まるで眠り姫みたいな
2017.2.18 3-12 君に見せたいものがある
2017.2.11 3-11 アップルティーと記憶の鍵
2017.2.5 3-10 リュックサックの中身
2017.1.30 3-9 彼女が帰る場所
2017.1.25 3-8 女心に関しては
2017.1.18 3-7 街道の街にて
2017.1.9 3-6 まとわりつく幻影
2016.12.31 3-5 生き抜くために
2016.12.24 3-4 狸寝入りと開かずの扉
2016.12.20 3-3 時を飛ぶ心
2016.11.16 3-2 ぼやけた記憶の輪郭
2016.11.8 3-1 諦めるのは早すぎる
2016.9.10 2-22 恋した誰かのために
2016.8.3 2-21 目は口ほどにものを言う
2016.6.17 2-20 皆が幸せになる方法
2016.6.10 2-19 夜とともに訪れるもの
2016.6.7 2-18 冷たい儀式的なキス
2016.5.27 2-17 たかが恋一つと言ってみても
2016.5.14 2-16 彼女が望むなら
2016.5.11 2-15 ハッピーエンドは誰のもの
2016.5.4 2−14 二兎を追う者は一兎をも得ず 更新
2016.4.24 2−13 鋭い眼差し、甘い低音 更新
2016.4.19 2−12 二者の境界線 更新
2016.4.5 2−11 月の浮かぶ池へ 更新
2016.4.3 2−10 欠損の直し方 更新
2016.4.1 2−9 王子は死体愛好家? に加筆しております。
2016.3.30 2−9 王子は死体愛好家? 更新
2016.3.28 2−8 鶏が先か。卵が先か。 更新
2016.3.25 2−7 浜辺に落ちていた青年 更新
2016.3.23 2−6 願望が見せる夢 更新
2016.3.22 2−5 欠損する言語 更新
2016.3.21 2−4 消えた眠り姫 更新
2016.3.19 2−3 グリムとの再会 更新
2016.3.18 2−2 二度目の旅へ 更新
2016.3.15 第二話 1 その靴の持ち主は? 更新
2016.3.14 14 毒りんごと異世界の姫君 更新
2016.3.13 13 そして、〝姫〟は死んだ 更新
2016.3.11 12 自己修復する物語 更新
2016.3.10 11 内と外に闇を抱えた少女 更新
2016.3.9 10 こじつけに続くこじつけ 更新
2016.3.8 9 二人目の登場人物 更新
2016.3.7 8 微妙な違和感 更新
2016.3.6 7 魔法のない世界で 更新
2016.3.5 6 歴史への敬意《イストリア》 更新
2016.3.4 5 話はふりだしへ 更新
2016.3.3 4 物語の名は? 更新
2016.3.2 3 残念なお姫様 更新
2016.3.1 2 ようこそ、御伽噺の世界へ 更新
2016.2.29 1 御伽噺奇譚 更新
2016.2.29 連載開始

書籍情報

第一回 カクヨムWeb小説コンテスト、特別賞を受賞いたしました!
レビューなど、皆様の応援のお陰です。本当にありがとうございました!
※2017年1月14日刊行、発売中です。詳細はこちら。

本編

御伽噺を翔ける魔女 (カクヨムさんに飛びます)

第一話 迷子のお姫様

第二話 想いは泡のように

第三話

(※カクヨムさんで先行公開中です。)

Ranking etc.

恋愛遊牧民G

登場人物紹介

こちらで書籍版挿絵が見れます。

ユウキ

主人公。溢れるほどの本の中で育ちながらも、わけあって物語を厭うている少女。十七歳。

グリム

ユウキを本の中に引きずり込んだ青年。

パンタシア王国

クリス(クリスティン=オスヴァルト)

ユウキが世界に落ちてから最初に出会った人間。絶世の美少女で母親に厭われている。

王妃(アンドレア=ニコラ=オスヴァルト)

クリスの継母。パンタシア王国王妃。

王(ルドルフ=フォルクマー=オスヴァルト)

クリスの父で、パンタシア王国国王。

ルーカス

クリスの従者で、親衛隊隊員。

リーベルタース王国

オフィーリア

ユウキと立場を入れ替えた王女。

ハンナ

オフィーリアの侍女。

カタラクタ王国

随時追加予定

現実世界

賀上 紀子

ユウキの母。小説家。

賀上 拓哉

ユウキの弟。十五歳。

頂き物

タイトルロゴは桐原さくもさまに作っていただきました! 素敵なロゴ、本当にありがとうございます!

TOP

Photo by Raincoat.