高校二年生の薫と瑛太は、ゴミ屋敷の清掃ボランティアに駆り出されていた。
だが、掃除の最中に庭にあった《社》が壊れ、仮住まいをしていた《自称神様》が記憶喪失になってしまったから、さあ大変。
素材が良いというだけで《仮宿》になってしまった、幼馴染で守銭奴な瑛太。彼は眠っている間に《神様》に大事な貯金を使い込まれてしまう。
「このままじゃおれの貯金が死ぬ」と半泣きの彼を助けるため、薫は全国津々浦々、神様の名前探しの旅に出る。

更新履歴

2017.9.20 紹介ページオープン
2017.9.16 本編完結済み。

書籍情報


※2017年9月12日刊行予定です。詳細はこちら。

本編

神様の名前探し 
(エブリスタさんに飛びます)

登場人物紹介

立花 薫(たちばな かおる)

四人兄妹の末っ子。兄三人と一緒に育ったが、昔からお姉ちゃんになりたくて仕方なくて、幼馴染の瑛太を弟扱いしている。四月生まれの十七歳、高校二年生。弓道部所属。旅が好き。

二ノ宮 瑛太(にのみや えいた)

薫の同級生で、11ヶ月年下の幼馴染。神主の孫で、神社でアルバイトをしている。神社オタク。三月生まれの十六歳、高校二年生。
素材は良いけれど容姿に全く頓着しないせいで、残念な外見をしている。

カミサマ

祀られていた社が壊れた衝撃で記憶を失った神様。名前が見つかるまで瑛太を仮宿と決めて取り憑いてしまう。

TOP