王太子妃の座は一つ

 

 

その後の数週間は慌ただしく過ぎた。
 あの茶会をきっかけに、メイサがシェリアを訪ねて来るだけでなく、逆に色々なところへ連れ出すようになったからだ。
 結婚の準備で忙しいだろうに、合間を縫うようにしてシェリアの元へ現れ、そして彼女をあの箱庭から連れ出すのだ。
 確かにシェリアは部屋に籠りがちではあった。ジョイア出身というだけで扱い辛いのに、さらに元妃候補となれば、皆が皆腫れ物に触るような対応だった。当然王宮に友人などできるわけもなく、昼間ヨルゴスがいない間、シェリアはいつも一人だった。
 外に出るのを億劫に思いながらも、広い王宮を案内されるのはいい気分転換にはなった。
 そして、メイサを苦手だと決めつけていたけれど、時が経つにつれて徐々に楽になった。
 多少話が噛み合ないけれど、二人は価値観がとても似ているのだ。
 例えばメイサがよく口にする「勿体ない」という言葉。あれはシェリアの生き方の底辺に根付いているようなものだった。ジョイアは国としてはとても豊かだけれど、本当に豊かなのは南部と中央だけだ。北部は貧しい。格差が大きな国なのだ。北部にある土地、ケーンやオリオーヌは冬は雪で閉ざされて、作物も実らない。短い夏に育てた米で冬を食いつないで、春を待ち望む。そんな土地で育てば、野菜の切れ端一つでも大事にするし、同じ感覚で物を大事にする。
 メイサには、シェリアと同じような生活をしてきた雰囲気があった。きらびやかな王宮で疎外感を感じていたシェリアが、メイサとの時間に安らぎを感じていたのも確か。――しかし一方で、シェリアの中には大きな葛藤が生まれていた。

 昼の鐘が鳴り、朝議が終わったヨルゴスが昼食を食べに戻ってきた。
「あれ、良い匂いがするな。なんだろ?」
 彼は部屋に入るなり言った。そしてシェリアをじっと見てポンと手を打った。
「ああ、そうか。――なるほど、例のあれか。ルティリクスが作ったって言う」
 シェリアは昨晩久々に髪を洗った。というのも、風呂を用意してもらったからだった。
 もちろん毎日入浴はしていたけれど、水の無いアウストラリスの浴室はジョイアの風呂とは構造が違う。湯船に浸からないで、少量の水を使って体を拭くだけだ。
 湿度がないからさほど不快ではないが、たまにジョイアの風呂が懐かしくなるのは当然だった。なにより長い髪をなかなか洗えないのが嫌だった。洗髪に使える水は小さなたらいに一杯だけ。頭皮をすすぐだけで終わってしまう。
 一介の女官の身で髪を毎日洗うなどという贅沢が叶うはずもない。ここはアウストラリスという水の貴重な国なのだから。
 オアシスに建てられた王宮には温泉もあるらしいが、入浴に使うという事はないらしい。水量がないからかもしれないが、大きくは文化の違いだろう。そんな利用方法を考えもしないのだ。
 ジョイアの女性は皆髪が長く、美しさの基準ともなっているが、それはあの国の風土があってこそのもの。手入れに使う水が豊富だから髪も伸ばせたのだろう。
 シェリアは自分の長い髪を鬱陶しく思い始めていた。いつも編み込んであるシェリアの髪は全て解いてしまえば足首ほどまである。細いが傷みもない髪は、ジョイアでは随分ともてはやされたが、この国ではどうせ誰も誉めてくれない。いっそ腰下までくらいの長さ――ジョイアで最低限許されるくらいの長さだ――に切ってしまおうかとも考えはじめていた。
 ところが、昨日の夕方の事だ。
 ヨルゴスの塔から帰る途中だったシェリアはメイサに捕まった。そして王太子の塔に連れ込まれ、風呂に入らせてもらった。――あくまで評価のためだそうだが。
『ぜひ感想を聞かせて。改善点とか教えて貰えるととてもありがたいの』と真剣な目で訴えられ、シェリアは内心大喜びで風呂を使わせてもらったのだ。
 掛け流しのぬるい湯で埃をすすぐと、長い銀髪は元の艶を取り戻した。輝く髪はどんな宝石よりもシェリアを美しく見せ、薄れかけていた自信も同時に回復する気がした。
 しかもメイサは風呂の改善をしたあとにまた試して欲しいと言ってきた。お礼に、風呂が空いている時はいつでも使っていいとも。シェリアは入浴の予定を立てるだけで心が浮き立つのがわかった。
「――良かったね」
 どこか面白そうなヨルゴスの声ではっとする。頬が緩んでいたのだろうか。慌てて弄っていた髪を手放すと作業に戻る。
「きっと無意識なんだろうけれどすごいね。――やっぱりメイサはメイサだ」
 ヨルゴスは何か思い出すように天井を見つめた後、くすりと笑った。
 意味がわからず首を傾げたとき、ヴェネディクトが声を上げ、話題の人物の名を呼んだ。
「メイサ様がいらっしゃいました」


 二人は連れ添って昼食へと向かった。ここのところ昼はずっと一緒だ。昼の鐘が鳴ると迎えに来るのだ。それはいつの間にか習慣づいていた。
 食堂に着くと中央の円卓の食べ物を取りに行く。そしてシェリアはいつもナンが置いてある一画を目にして呆然とした。
「うそ……ご飯がある」
 驚き過ぎて固まったシェリアの後ろからメイサが「ほら、後ろが詰まってるわよ?」とからかうように促した。
「これ、どういうこと?」
 結局シェリアはご飯だけ二膳も取ってきてしまった。あまりのことに副菜は目に入らなかった。メイサはくすくすと笑いながら、多めに取った野菜や肉をシェリアにも分けてくれる。
「王太子殿下に提案してみたのよ。ほら、アウストラリスの人ってどうしてもジョイアの人に苦手意識があるじゃない? 異文化の交流を増やせば確執が少しずつでも消えるかもしれないわねって。特に食べ物って気軽な割に印象に残りやすいし……あら、美味しい」
 メイサは美味しそうにご飯を頬張った。
 シェリアは呆然と湯気を立てる米飯を見つめていたけれど、釣られて一口頬張る。
 久々の味。噛み締めると甘く、懐かしさにじわりとこみ上げるものがあった。
「……おいしい……」
「よかった。いっぱい食べてね」
 ほっとしたようにメイサが呟いて、シェリアは夢中で動かしていた手を一瞬止める。
「え?」
「いえ、なんでもないわ。ほら、あなたがこの間言っていたでしょう? 米は穫れないのかって」
「ええ」
 そういえば言った気がする。ちょっとした愚痴だった。でもなんだか泣き言みたいになって、言った後で後悔したのだけれど、覚えられていたようだ。僅かな気まずさを感じながらも、シェリアは目の前の米に集中する。
「調べてみたら西部の涸れ川周辺で、麦以外に少し穫れるらしいの。まだ治水が済んでいない土地だから多くは作れないのだけれど。今後ジョイアから技術者を呼べば、田の開拓が進むかもしれないわ。そうなったらこの国の食料事情もまた少し良くなるわよね」
 小難しい話はもう聞いてられなかった。
 メイサがひどく嬉しそうにこちらを見ているのを不審に思ったが、それより今は米だった。シェリアは無我夢中で二膳目を平らげ、さらに三膳目のおかわりをした。

2013.9.10

 

Copyright © 2013- 山本風碧. All rights reserved.