私の赤ちゃん

 私ね、隣の奥さんの事が心配なの。
 だって、あの奥さん……言っちゃ悪いけど、なんていうかそう、ずぼらなのよ。
 洗濯物なんか、昼過ぎにしか干されないし、たまに夜に干してるのも見かけちゃう。確か今は育児休暇中でお仕事されてないはずなのに。
 ゴミ出しの日も、玄関の前にいつまでもゴミ袋が置いてあって、私、通るたびに嫌だわって思うのよね。
 さっさと出してくればいいのにって思うの。
 一番心配なのが、お子さんの事。
 この間お話ししたら、はなから母乳育児を放棄してるみたいで。勿体ないわ。母乳がどれだけいいか知らないなんて。それに、まだ6ヶ月だって言うのに、牛乳飲ませてるって。信じられる? 育児雑誌とかそういうの読まれないのかしら。牛乳は鉄分が不足しがちになるから、1歳になるまで飲ませちゃいけませんって書いてあるのに。だいたい離乳食始めたのも4ヶ月からって言われてて……もう潰してあげたら何でも食べるわよって……ほんと、大丈夫なのかしら。
 さりげなくいろいろ教えてあげたって言うのに、あの人ったら、「大丈夫よぉ」ってカラカラ笑ってて。
 隣で事故死とか、私、絶対嫌よ。このマンション、気に入ってるんだから。あたし『見える』んだもの、そんな事件なんかあったら、この家住んでられなくなっちゃう。
 ……いっその事引っ越してくれないかしら。ほんとうに。

 あ、赤ちゃんが泣いてるわ。
 まだ6ヶ月なんだから、離乳食はゆっくりでいいわよね。だって、食べ物って色々添加物入ってて怖いんだもの。

 *

 あたしさ、隣の奥さん嫌いなのよね。
 いちいちうるさいったら。専業主婦の鑑か何か知らないけど、家事から育児まで完璧にこなさなきゃいけないって思ってるみたいでさ。うざいったらありゃしないわ。
 あたしのことどう思ってるか知らないけど、こっちは毎日仕事してるっちゅうの! 外に出なくっても家で仕事できる時代なのよ。産休しかとらないで必死で働いてるって言うのに、気楽にブラブラしてるとでも思ってるんでしょうね。腹が立つったら。
 ま、少々家事も育児も手抜きっていうのは認めるわ。でもちゃんと子供に愛情は注いでるつもり。
 あの奥さんの方がどうかと思う。この間家にお邪魔したけど、あの育児雑誌の量ったら。毎月3つの雑誌を全部買ってるみたいだけど。毎号あれ全部読んでるのかしら? 暇よね。趣味なんだわ、きっと。でもその個人の趣味を押し付けるのってやめて欲しい。
 そうそう、この間だって。牛乳ちょっと飲ませたこと話したくらいで興奮しちゃって。今元気にしてるんだからどうってこと無いじゃない。ミルクが嫌いで飲まないんだから、しょうがないっちゅうの。今から飲んでたらきっと将来大きくなるわよ。心配し過ぎ。
 あれしちゃダメ、これしちゃダメって、子供だって窮屈じゃない。もっとのびのび育ててあげた方がいいと思うわ。
 あの家の子供、あんまり見た事ないけど、いつも顔色悪そうで、泣き声だってか細くって。あの人、いろいろ考えすぎてストレスで母乳も出てないんじゃないのかしら。いくら母乳が素晴らしいからって、出ないんだったらミルクあげるしか無いじゃないのよね。
 あー、あの子大丈夫かしら。餓死しなければいいけど。

 *

 恐れてた事がホントになってしまったわ。隣の赤ちゃん……亡くなったって。中毒死だって。
 馬鹿みたい。
 蜂蜜と牛乳混ぜて飲ませるなんて。蜂蜜は、一歳になるまで食べさせちゃいけないって、育児雑誌にも、蜂蜜のパッケージにも書いてあるじゃない。私、それを知ってから、蜂蜜が入った製品、一つも買わなかったくらいなのに。持っていたリップクリームに入ってるって知って、捨ててしまったくらい。
 馬鹿みたい。
 食べ物は怖いのよ。
 だから、母乳さえ飲ませていればいいのよ。
 ほら、うちの赤ちゃんは、だからこんなに大人しくて育てやすくて。泣かないし、とってもいい子。

 *

 隣の奥さんと子供、亡くなったって。
 馬鹿みたい。
 二人とも餓死したって。
 あたしも馬鹿だったわ。でも、あの人はもっと馬鹿よ。
 添加物が母乳に出るからって、しばらく何も食べられなかったって……食べなきゃ出るものもでないに決まってるのに。

お読みいただきありがとうございました。何事も程々がいいと思います。もちろんフィクションです。登場人物の思想と作者の思想は重なりません
※補足 一歳未満の乳児に蜂蜜を与えると、乳児ボツリヌス症を起こす可能性があります。私は幼い頃それを知らなかった親に与えられてたそうです。うちの妹は、ミルク代わりに牛乳を飲まされていました(どうしてもミルクを飲まなかったそうで)。実はその事がホラーかも。
というより、これを書いた私に6ヶ月の子供が居ることが多分一番のホラーですね。死が怖いからこそ、こういう世界を覗いてしまいます。

BACK 目次へ

copyright 2008-,碧檎, All Right Reserved.